日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会

東日本大震災の被災地の皆様へ

この度、被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。避難生活をされている皆様のご健康と、一日も早い復興をお祈りいたします。

サルコイドーシスの治療に関しては、まずはご自身の主治医にご相談ください。医師(主治医)と連絡が取れない、病院と連絡が取れない場合は、現地の利用できる医療機関にご相談ください。学会HPで「サルコイドーシスの診療を得意とする医師/医療機関」の検索が可能です。

サルコイドーシスの治療に関するQ&Aを作成しました。参考にして下さい。

日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会


【サルコイドーシスについて】


Q サルコイドーシスでは何に気をつければよいでしょうか?

A ストレスや過労で悪化することがあるといわれています。できるだけ睡眠を多くとることや身体をやすめることが望ましいです。気持ちのもち方も大切です。自然になおることも多い病気ですので、明るい気持ちをもちつづけるようにつとめてください。


Q ステロイドをのんでいるのですが。

A ステロイド薬は中止しないで続けてください。一緒に服薬している骨粗しょう症を抑える薬は少々休んでも大丈夫ですが、胃薬は一緒にのみ続けたほうがよいでしょう。


Q メソトレキセート(またはリウマトレックスなど)をのんでいるのですが。

A メソトレキセートは一時的に突然中断されてもほとんど身体に悪影響はありません。もちろん主治医の指示にしたがっていただいたほうがよいです。


Q 眼サルコイドーシスで点眼、飲み薬をつづけています。

A 同じ点眼、飲み薬を続けるようにしてください。


Q 心臓サルコイドーシスでお薬を続けています。

A 同じ飲み薬を続けるようにしてください。


Q 皮膚サルコイドーシスでお薬を続けています。

A ステロイドをのんでいる場合には続けてください。塗り薬の場合には一時的に中断してもほとんど身体に悪影響はありません。


>> 戻る