日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会
学会会則

【日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会会則】

第1条(名称および目的)

サルコイドーシスおよび他の肉芽腫性疾患研究の進歩と発展とを計る目的をもって,日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会(Japan Society of Sarcoidosis and Other Granulomatous Disorders)をおく.(通称「日本サルコイドーシス学会」と称する)

第2条(事業)

本学会の目的を達成するため次の事業を行う.

1.サルコイドーシスおよび他の肉芽腫性疾患研究の推進.

2.研究集会の開催.

3.学会誌の発行および研究資料の交換・配布.

4.諸外国との交流.

5.その他必要な事項.

第3条(会員)

1.本学会の会員は本学会の目的に賛同し協力するものとする.会員は,正会員,1年会員,功労会員,名誉会員,賛助会員から成る.

2.正会員:医師,医科学研究者,その他の医療従事者で本会の目的に寄与するもの.

3.1年会員:医師,医科学研究者,その他の医療従事者で本会の目的に寄与するもので、1年間限定の入会を希望するもの.1年会員から正会員への変更は会員よりの申請により適宜可能とする.

4.功労会員:理事または総会会長経験者で,理事会と評議員会の賛同をえたおおよそ65歳以上の会員.

5.名誉会員:理事または総会会長経験者で,理事会と評議員会の賛同をえた70歳以上の会員.会費納入は免除される.

6.賛助会員:本会の目的に賛同し,本会の事業を後援しようとする個人または団体.

第4条(役員とその任期)

1.理事長 1名
(任期4年.役員改選年の総会の翌日から次期改選年の総会開催日まで.再任を妨げない.)

2.副理事長 若干名
(任期4年.役員改選年の総会の翌日から次期改選年の総会開催日まで.再任を妨げない.)

3.理事 若干名
(任期4年.役員改選年の総会の翌日から次期改選年の総会開催日まで.再任を妨げない.)

4.総会会長 1名
(任期1年.前回研究集会最終日の翌日から当該年研究集会最終日まで.)

5.監事 2名
(任期4年.役員改選年の総会の翌日から次期改選年の総会開催日まで.再任を妨げない.)

6.評議員 若干名
(任期4年.役員改選年の総会の翌日から次期改選年の総会開催日まで.再任を妨げない.)

7.名誉理事長をおくことができる.

5条(役員等の選出方法)

1.理事長は理事の互選により選出する.

2.副理事長は理事長が委嘱する.

3.理事は評議員会において評議員の中からこれを選出する.理事の選出方法は別に定める.

4.総会会長は評議員の中からこれを選出する.理事会が推薦し,評議員会の賛同を得て決定する.

5.監事は理事長が委嘱する.

6.評議員は原則として正会員の互選により選出する.施設代表者などは,正会員でなくとも理事長がこれを推挙し,正会員となったのちに理事会の承認をえて評議員とすることができる.評議員の選出方法は別に定める.

7. 功労会員,名誉会員は理事会がこれを推薦し,評議員会の賛同を得た上で,理事長がこれを推挙する.役員の任期中であっても,功労会員・名誉会員になることができる.

6条(会議)

1.理事会は理事長が年1回以上これを招集し,理事長または理事長が指名した者が議長を務める.会議は構成員の3分の2以上の出席により成立し,議事は出席者の過半数の可否により決する.委任状は出席とみなすことができる.ただし、新理事決定後に最初に開催する新理事会においては、必ずしも構成員の3分の2以上の出席を要しない。

2.評議員会は理事長が年1回以上これを招集し,理事長または理事長が指名した者が議長を務める.会議は構成員の3分の2以上の出席により成立し,議事は出席者の過半数の可否により成立する.委任状は出席とみなすことができる.

3.総会は理事長が年1回以上これを招集し,総会会長が議長を務める.会議は委任状を含め,会員の3分の1以上の出席により成立し,議事は出席者の過半数の可否により決する.

4.学術集会は年1回,総会会長が招集し,開催する.筆頭発表者は本学会会員に限る.

5.功労会員と名誉会員は評議員会に出席して意見を述べることができる.ただし,議決権はない.

7条(会計と会費)

1.会計年度は4月1日から翌年3月31日迄とする.

2.本学会の経費は次のものをもってあてる.

1.年会費

2.寄付金

3.その他の諸収入

3.正会員と1年会員の年会費は10,000円とする.

4.学会総会における発表演者,学会誌の筆頭著者は,年会費を納入しているものに限る.

5.医学生および卒後2年以内の医師の年会費はこれを免除する

6.名誉会員の年会費はこれを免除する.

8条(各種委員会)

各種委員会の委員長は,理事長からの推薦をうけて,理事会の議を経て決定する.各種委員会の委員は,委員長がこれを委嘱する.

9条(事務局)

本学会の事務局は,東京都渋谷区代々木2-1-3 JR東京総合病院呼吸器内科,及び 静岡県浜松市東区半田山1-20-1 浜松医科大学呼吸器内科 におく.

10条(会則の改正)

本会則は総会の議決により改正する.また細則や内規を別に定める事ができる.

附則

1. 本学会は1987年4月1日に発足する.

2. 発足時の学会運営の円滑化のため,初代の理事長,副理事長,理事,監事,評議員は,それぞれサルコイドーシス研究会の会長,副会長,幹事,監事,評議員をもってこれらに充てる.

3. 初年度の総会会長はサルコイドーシス研究会の第七回研究集会会長をもってこれに充てる.

4. 研究集会はサルコイドーシス研究会の歴史を襲まえ,初年度は第七回とする.

5. サルコイドーシス研究会所有の資産は本学会が継承する.

6. 2008年11月8日 一部改正

7. 2012年10月5日 一部改正

【日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 役員選出細則】

第1条. 本細則は,本学会役員の改選における選出方法についての原則を定めるものである.

1. 本学会はその特殊性を勘案し,役員選出にあたっては各支部会会員から理事一名以上,評議員一名以上を選出することを原則とする.

2. 本細則における会員とは役員改選が行われる年度を含めて会費の滞納のない会員と定義する.

第2条. 理事長は役員改選の時期の約6ヶ月前に,会員の中から中央選挙管理委員長を任命する.

第3条. 中央選挙管理委員長は以下の者で中央選挙管理委員会を構成する.

1. 各支部会支部長

2. 会員の中から選挙にかかわる事務的な業務を担当する者若干名

第4条. 中央選挙管理委員会は次の事柄を審議する.

1. 役員数に関する事柄 第一条の規定に従うほか,役員の数は各支部会に所属する正会員数に比例配分することを原則とし,かつ諸事情を勘案して次期理事及び評議員の総人数と各支部会に割り当てる人数を決定する.

2. その他必要な事柄

第5条. 各支部長は役員に推薦された会員の名簿を期日までに中央選挙管理委員会に提出する.

第6条. 役員に欠員が生じた場合は,残存任期が1年以上ある場合は,これを補充することができる.補充役員の任期は前任者の残存任期期間とする.

第7条. 各支部会から推薦された役員候補者は,理事会および評議員会の承認をえて確定する.

第8条. 理事長は本細則で選出された理事・評議員のほかに若干名の理事・評議員を直接指名できるものとする.理事長は直接指名した理事・評議員の氏名と指名理由を会員に周知しなければならない.

第9条. 新理事会は,理事会および評議員会で新役員が承認されたのち速やかに開催する.中央選挙管理委員長がこれを招集し,議事進行を行なう.理事長の選出は新理事会開催時に議案のひとつとして行う.

第10条. 理事長の選出方法 会則第5条に定めるところによる.理事長の選出は新理事会開催時に議案のひとつとして行う.理事長選出の議事進行は中央選挙管理委員長が行う.

附則1:本細則は1998年11月15日より発効する.

附則2:2012年10月5日 一部改正

【学術奨励賞に関する細則】

1. 日本サルコイドーシス学会に学術奨励賞をもうける.

2. サルコイドーシスと肉芽腫性疾患に関する研究に従事する40歳以下の若手研究者を対象とする.受賞候補の範囲は,原則として本学会の学術集会において発表された業績とする.

3. 総会会長は,すぐれた研究業績を発表した研究者に対して,選考の上,本学会の学術集会において学術奨励賞を授与することができる.

4. 運営は,千葉保之・本間日臣記念賞基金と学会資産をもって充てることができる.

5. 学術奨励賞運営委員会で諸務を遂行する.運営委員会は,総会会長,事務局,および総会会長が任命する若干名のもので構成する.